お知らせ


12/3 平少連新人戦結果報告

 5年生以下の今年最後の大会。来年主力となる選手達の今後を担う大会の始まりです。

 この大会を最後に引退を決めた選手いる 名前は 大晴 ここまで八幡・松が丘の主力選手として1年間を共にしてきた。幾度ものピンチを救ってきた貴重な選手。恐らく大晴がいなかったら今のこの成績は残せなかった。

 最後の大会! いざ決戦の舞台へ!! 八幡・松が丘は初戦から激戦を制し波に乗り、準決勝では北部支部秋季大会覇者 横内少年野球クラブとの激戦を特別延長の末勝利し、決勝の舞台へ、決勝の相手は王者 港少年野球部 力の差は歴然としていたが、挑戦者として最後まで戦い抜きました。見事に新人戦2位という結果を残してくれました。

 沢山の応援有難う御座いました。大晴お疲れ様でした。これから恐らく挑もうとしている野球人生は決して楽な道ではないが、皆で応援しています。

 

1回戦  vs.旭少年野球部    4-2○

2回戦  vs.富士見ホームランズ 17-2○

準々決勝  vs.なでしこマリンズ  8-4○

準決勝  vs.横内少年野球クラブ  7-6○

決勝  vs.港少年野球部     3-10●

 

 新主将智生を軸にこの大会に挑む。1回戦旭少年野球部との決戦は最終回まで相手にリードを許す厳しい戦いの中で見事な逆転勝利。2回戦、準々決勝と勢いに乗り順調に勝ち進む。準決勝の相手は、北部覇者横内少年野球クラブ。これまで接戦はしているものの勝つことが出来ず、準決勝も苦戦が予想された。そんな中先発を託されたのは、エース大晴。初回に先制されるも味方打線がすぐさま援護し、逆転に成功。4回を終了の時点で2-5とリードする。時間的に最終回と予測された5回横内が土壇場で同点に勝負は特別延長へ、6回表横内の攻撃を1点にしのぎ、迎えた裏の攻撃、すぐさま1点を返し、最後は押し出し逆転勝利となり、激戦を制する。

 決勝の相手は、平塚市の強豪港少年野球部、先発を任された智生だったが、ボールが先行する厳しい立ち上がり、初回の大量失点が響き、あえなく大敗はしたが、見事に2位をつかみ取りました。まだまだこれからのチーム。課題がここで出たことは大きな収穫と切り替え来年リベンジしてもらいたい所です。

 応援頂いた沢山の父母の方々、OBの皆様有難う御座いました。スタッフの皆様お疲れ様でした。



11/12 湘南若鮎少年野球大会秋季大会結果報告

 6年生にとっては最後の公式戦。今までの練習の成果をすべて出し切り1戦1戦を大事に戦った結果第3位という最高の結果を出すことが出来ました。沢山の応援有難う御座いました。

1回戦  vs.寒川フレッシュスターズ 12-1○

2回戦  vs.秋葉台少年野球クラブ  9-0○

3回戦  vs.花水少年野球部     9-3○

準々決勝  vs.金岡少年野球部     3-0○

準決勝   vs.高部屋少年野球部    3-4●

 

第3位入賞

 

 6年生最後の公式戦。初戦から打線がかみ合い順調に勝ち上がり準々決勝まで駒を進める。準々決勝の相手は今シーズン対戦成績では五分の戦いをしている金岡少年野球部。試合は白熱の投手戦。お互い一歩も引かない守り合いとなりました。中盤のツーランスクイズが決まり最後まで先発の光希がリードを守り切り3-0で見事勝利。

 準決勝の相手は、高部屋少年野球部。ここまで上がってくると守りも堅く序盤はお互い投手陣が粘りの投球で0-0が続く。4回に少ないチャンスをものにし5回終了時点で3-1でリードし、終盤を迎える。最終回ここまで力投を続ける光希が捕まり、3-3の同点に追いつかれ特別延長へ。8回表無得点で裏の高部屋の攻撃。2アウトまでピンチを切り抜けたが打球はセンター方向へ、無情にもグラブをはじいた打球は、高部屋の決勝点となりゲームセット。

 今年の6年生は、決してここまで順調に来たわけではなく、チーム事情により松が丘との合同チームで始まり、最初は中々かみ合わず、徐々にチーム力が上がってきました。個々の頑張りが最終的に実った大会でした。沢山のご声援を頂き、有難う御座いました。



8/27 北部支部秋季大会開幕

 春の3位入賞から夏を乗越え、メダルを目標に子供達は日々成長してきました。各チーム春から成長した姿を見せてくれる大会とはなりますが、学童はメダルを目標とし、ジュニアは昨年の覇者として、ちびっ子は何よりも楽しく頑張って頂きたいものです。

学童の部

4勝2敗2分け 第4位

 

 学童は開幕ゲームの引き分けから始まり、どの試合も接戦で緊迫したゲーム展開。真土戦での逆転負けが響き、結果4位となりましたが、最終戦の金岡戦まで子供達は諦めず最後まで戦い抜きました。結果は4位ですがメダルに等しい戦いが出来たと思います。子供達も今回の大会を通じ、今後の手応えを感じられたと思います。沢山のご声援有難う御座いました。


ジュニアの部

 

リーグ戦 3勝1敗 2位通過

決勝トーナメント 準決勝 vs.豊田 7-6〇

         決勝  vs.横内 6-8●

 

 雨で順延が続いたジュニアの部。リーグ戦では、優勝候補の横内を苦しめたが、あと一歩及ばず2位通過で迎えた決勝トーナメント準決勝。Bブロック1位通過の豊田との対戦。お互い一歩も譲らない攻防で何とか勝利し決勝へ。決勝の相手はリーグ戦で敗北している横内。序盤相手の立上りを攻め試合を優位に進めていくが終盤に投手陣が崩れリードを守れず逆転を許す。あと一歩及ばず準優勝。これから始まる新人戦につながる大会をよい結果で終えることが出来ました。沢山の応援有難う御座いました。


ちびっ子の部

 

vs.城島イーグルス 1-10〇

vs.相模フラバーズ 13-3●

 

 雨のため、本来4試合が予定されていましたが、2試合のみ実施しました。春先からの頑張りが実り1勝1敗という結果を出すことが出来ました。沢山の応援有難う御座いました。


8/5,6 清庵交流会(庵原エンゼルス交流会)

 今年も、夏の一大イベント。庵原エンゼルスとの交流会の時期となりました。今年は八幡インディアンスが庵原に招待され、2日間にわたり、試合に川遊びと子供達の大切な思い出作りが出来ました。庵原エンゼルスのスタッフ並びに育成、父母の皆様、ご準備大変だったと思いますが、子供達に素敵な思い出作りをしていただき、有難う御座いました。

 2日間にわたる庵原交流会。初日は歓迎会から始まり、合同練習、練習試合と野球を主に交流を行いました。今年は6,5年生の7名が参加し、助っ人を入れて練習試合を行いました。試合は幸先よく八幡が先制しましたが、庵原の粘りで最後は4-5逆手敗けでしたが、とっても良い試合でした。

 2日目は、子供達が毎回この交流会で楽しみにしている川遊び。宝物探しや飛込み、スイカ割りと沢山のイベントをご用意して頂き、皆沢山の笑顔を見せてくれました。

 雨も心配されましたが、2日間子供達のパワーが勝り、天気にも恵まれ、素晴らしい交流会となりました。これも、庵原エンゼルスの方々のおもてなしがあってこそ。本当お世話になりました。



7/23 平塚市少年野球大会結果報告

 今年も熱い熱戦が始まります。高校野球も各地で熱戦が繰り広げられていますが、少年野球もこの夏を目標に各チーム仕上げてきます。今年は学童・ジュニアの部ともに合同チームでの参戦いたしました。ジュニアの部では、4月に入部した子供達の成長を感じ、学童では、6年生にとっての最後の夏。小粒なチームではありますが、小技を絡ませ、今まで練習してきたことを、活かして戦ってくれました。試合は、学童・ジュニアとも初戦敗退とはなりましたが、一生懸命にプレーする姿は、心に残りました。

 応援下さった沢山のOBの方々、並びに父母の方々、ご声援有難う御座いました。また、合同を組んでいただきました松が丘および金岡のスタッフ並びに父母の皆様有難う御座いました。


7/22 平塚市少年野球大会ジュニアの部 1回戦

vs.富士見ホームランズ 7-8●

 

 4月以降に入部した6名が参加した夏の大会。金岡少年野球部との合同チームで参戦。初回から相手先発の立上りを攻め4点を先制。中盤追加点を取るも富士見もあきらめず食らいついてくる。5回表を終了し7-4とリードしての最終回、守備の乱れから徐々に点差が詰まり、7-8の逆転サヨナラ負けとなりました。

富士見ホームランズの最後まで諦めない執念の勝利となってしまいましたが、子供達は一生懸命戦いました。この敗戦を糧にこの子達は、きっと成長をしていくと思います。

 沢山のご声援有難う御座いました。これからもこの子達を見守ってあげて下さい。


7/23 平塚市少年野球大会学童の部 2回戦

vs.みずほ少年野球部 1-8●

 

 6年生にとっては最後の夏。この夏に向け一生懸命練習に励んできました。相手は今年色々な大会で上位まで勝ち上がっている強豪みずほ少年野球部。初回みずほの打線に捕まり3点を先制される。2回にフォアボールからチャンスを作り、1点を返すも、2回以降もみずほ打線と止めることが出来ず1-8で敗退。随所に良いプレーも出たが、追加点がなかなか取れないことが最後まで響いてしまった。

 最後の夏は終わってしまったが、これから秋の大会に向け、再出発し、課題を乗越えて勝ちにつなげて行きたい所です。

 沢山のご声援有難う御座いました。



6/25 北部支部春季大会(ジュニア)結果報告

 前年大野クラブとの合同で見事優勝を果たしたこの大会。今大会は松が丘との合同チームで参戦。今大会は、Aブロックでは、関東学童の北部予選会選考、Bブロックでは、関東学童北部予選除外という枠組みで、インディアンスはBブロックにて参戦しました。4チームでのトーナメントにより、優勝を飾りました。

 当日は、生憎の天候にも関わらず、沢山の応援有難う御座いました。

1回戦 vs.豊田レッドスターズ 8-1○

決勝戦  vs.大野・中原 6-2○

 

 両試合、雨が降りしきる中、相手投手陣の制球難に助けられ、足を絡めながら追加点を取っていく、八幡・松が丘らしい攻撃を見せる。守備陣も安定した内容で見事に優勝。

 

 雨の中、沢山の父母のご声援有難う御座いました。 



6/18 北部支部春季大会(ちびっ子)結果報告

 今年入部した6名の八幡戦士のいよいよ公式戦デビュー。この大会に向け、この6人は、バッティング練習・守備練習を一生懸命にここまでやってきました。まだまだ、初心者が多く、色々勉強も多いですが、みんなが楽しんで野球に取り組む姿は、本当に新鮮でした。勝ち負けにはこだわらず、今の自分の力を十分に発揮して、思い切ったプレーをしてもらいたいと思います。

投げ試合(金岡と合同にて参戦)

vs.中原少年野球部 12-9●

vs.横内少年野球クラブ 6-8○

vs.相模フラバーズ 3-6○

vs.大野クラブ 8-2●

 

ティーボール

vs.金田子供会野球部 20-16●

vs.岡崎メイツ 10-29○

 

 子供達にとっては、この6試合は貴重な経験となりました。まだまだ成長過程でこれからの活躍を期待したいと思います。

合同を組んでいただきました金岡少年野球部のスタッフ及び父母の皆様、本当にありがとうございました。また、応援下さった沢山の父母の方々、ご声援有難う御座いました。

 

 

 


6/10 青葉杯少年野球大会結果報告

 夏に向け、最後の大きな大会となる青葉杯。上位を目指し、ここまで練習をしてきました。一歩づつ成長はしているものの、チャンスを活かせず、ミスにつながる、夏に向け、また課題ができた大会となりましたが、逆に言えばここででたのは、夏の大会に向けては大きな収穫と前向き考え、次につなげていこう。

 応援下さった沢山の父母の皆様、本当に有難う御座いました。


1回戦 vs.中新田ベアーズ 4-2○

 

 青葉杯1回戦序盤相手の立上りをうまく攻め、1点を先制。2回にも追加点を奪い突き放したい所だったが、中盤に同点に追いつかれ、チャンスを幾度と作るも得点を奪えず、流れがなかなか両者掴めない。4回中新田の攻撃。ピンチを背負ったが光希と賢太郎の好守で流れをつかみ、最終回、チャンスに賢太郎の右中間を抜けるヒットで2点を奪い、4-2で辛くも1回戦を突破した。

 

2回戦 vs.有鹿バッファローズ 17-3●

 

 2回戦の相手は、海老名市優勝チームである有鹿バッファローズ。序盤からミスが続き、大量失点と嫌なムードで試合が展開されていく。2回以降も相手の長短打でリードを広げられ、3点何とか返すも大敗を喫した。

 

 夏までにこの2試合の経験を活かし、課題を克服し、最後の夏に向け、調整していってもらいたいものです。

 

 暑い中、沢山のご声援有難う御座いました。



6/4 平少連春季ちびっ子育成大会結果報告

 今年も、ちびっ子たちの熱き戦いが始まりました。岡崎、金田、八幡の合同チームで参戦。

 4月以降入部した6名が参加しました。まだ未経験者が多く、経験は浅いですが、やる気と元気でここまで練習に励んできました。結果は2敗ですが、何よりも経験です。この子達が6年生になった時、この経験がきっと役に立ってくると思います。

 応援下さった保護者の皆様、岡崎、金田のスタッフ及び父母の皆様、お疲れさまでした。

 

1試合目 vs.富士見ホームランズ 7-5●

2試合目 vs.みずほ少年野球部  4-12●

 

 ちびっ子にとっては、平塚市のチーム全体で行う初めての公式戦。4月以降入部した6名の子供達は、この大会のため、これまで一生懸命練習をしてきました。まだまだ発展途上で伸びしろも多い中で、試合で学ぶことも沢山あり、一つ一つがこれからの経験となっていくことと思います。涙を流す子もいましたが、悔しさをばねに、もっとうまく、もっと強くこの子達が成長していくことを期待したいと思います。



5/5 第25回平塚市学童選手権大会(ピタットハウス杯)結果報告

 今年は、合同チームでの参戦。今大会は、大会規定により、合同チームはオープン参加(勝敗に関係なく1回戦敗退)という、子供達にとっても複雑な気持ちの大会となりました。子供達のモチベーションを上げるため、コンディション作りも大変な部分ではありましたが、この子達が今持てる力を十分に発揮し、みんなが野球と真剣に向き合っている姿を他のチームにも見てもらえるよう頑張ろうという思いで戦いました。応援下さった沢山の父母の皆様、有難う御座いました。

 

1回戦 vs.神田リトルライオンズ 0-11●

 

 序盤から、神田打線に投手陣が捕まり、ミスなども重なり4失点を失う苦しい展開。

中盤も加点を加えられ、打線も相手投手陣の要所を締めるピッチングで最後まで沈黙。

終わってみれば0-11(5回コールド)と完敗。

 結果的には、決して納得のいく結果ではなかったことかと思うが、少しでも野球に対する子供達の直向きさが他のチームに伝わってくれれば、今大会に参加した意味があると思います。これから先、今大会の経験は子供達の糧になり、大きく成長してくれることと信じます。沢山のご声援有難う御座いました。



4/22 第43回北部支部春季大会(学童の部)結果報告

 今大会は、例年と違い総当たり戦となり、子供達にとっては試合経験を積むには、良い大会となりました。雨での順延が続き、選手たちのコンディション調整や合同チームということで、大変な部分も多々ありましたが、見事銅メダル・3位という結果を出すことが出来ました。子供達も日々成長を続けてきた結果がこの成績に繋がったことと思います。

 今大会の運営にあたり、沢山の父母の方のご協力により、無事大会を終えたことを心より感謝いたします。また、沢山のご声援有難う御座いました。優勝した横内少年野球部については、ぜひとも平塚予選を突破して全日本学童大会に出場してもらいたいものです。

リーグ戦結果

 

第1戦 vs.神田リトルライオンズ 12- 2○

第2戦 vs.中原少年野球部 8- 4○

第3戦 vs.横内少年野球部 4- 5●

第4戦 vs.豊田レッドスターズ 9- 4○

第5戦 vs.真土ビクトリー少年野球部 4- 9●

第6戦 vs.金岡少年野球部 6-10●

第7戦 vs.相模フラバーズ 12- 4○

第8戦 vs.大野クラブ 6- 2○

 

5勝3敗 第3位銅メダル獲得

 

 今大会は、松が丘との合同チームにて参戦しました。合同当初は、なかなか互いの息も合わず心配されましたが、練習を続けて行くうちに徐々にお互い成長し、良い意味で競争心が生まれ、今大会に挑むことが出来ました。2勝で迎えた横内戦では、最終回までどちらに転ぶかわからない好ゲームが展開されましたが、最後は横内の勝ちへの執念に敗れ、その後は、自分達の流れを作れず3勝3敗となり、迎えた相模戦を皆で勝ち取り、最終戦の大野クラブとの戦い、大野は昨年ジュニアで一緒に戦った戦友でもあり、互いを知っているため、譲れない戦いとなりました。序盤の投手陣の不安定な立ち上がりから効率よく先制し、最後まで投手陣が強力打線を打たせて取るこのチームらしい戦いをしたことで、勝利を呼び寄せることが出来ました。

 今大会も沢山のご声援有難う御座いました。3位おめでとう!! まだ始まったばかりですがこの調子で今年も八幡旋風を巻き起こしてもらいたいものです。



3/20 第33回平少連オールスター大会

 各チームの代表が集まるオールスター大会、八幡の3選手も見事初戦突破に貢献し、北部支部代表は決勝戦では、9-9の同点で抽選のうえ、見事優勝を飾るっことが出来ました。スタッフ並び保護者の皆様、長い1日でしたが、沢山のご声援有難う御座いました。子供達を一杯褒めてあげて下さい。お疲れさまでした。優勝おめでとうございます!!

 バッティングパレス相石スタジアムひらつかにて今年も新6年生のオールスター大会が開催されました。

 八幡からは、光希・祐世・賢太郎の3名が代表で選出され、Bチームは初戦となり、チームの代表とし、先発を託された祐世が見事なピッチングを見せてくれました。また、3番手として登板した光希もこれまた緩急を使い、相手打線を抑える好投。賢太郎もファースト・レフトの守備で貢献してくれました。

打撃では、ヒットは出ませんでしたが、球を見極め、フォアボールを選び、全員がホームを踏んで帰ることができチームに貢献してくれました。

 見事初戦を11-5で中央リーグに勝利し、Aチーム代表へバトンをつなぎ、決勝の切符を勝ち取ることが出来ました。



3/12 平成28年度卒団式

 今年度5名の6年生が卒団を迎えました。今年の子達は、チーム運営が困難な中でスタートし、最後には、立派な姿で卒団を迎えることが出来ました。これも各ご家庭のご支援により、支えられた結果だと思います。

 キャプテンの凛人を中心に、エース裕大、頑張り屋の翔太、常に分析の丈、影の努力者大智、皆1年間本当に努力してきました。

春の大敗から始まり、夏にはリスト杯出場、秋は王者大野クラブに勝利し、蛍光大会では、3位入賞と日々成長した子供達でした。

ここまでよく頑張ったと思います。今までの経験を活かし、今後の野球人生の糧にしていって下さい。

 

 この日は朝から晴天で、卒団生を笑顔で送り出すことが出来ました。親子対決、卒団生vs.在団生対決、植樹やタイムカプセル、色々な最後の思い出作り。

 朝早くから、在団生の方々が卒団生のためにごちそうを色々準備してくれました。とてもおいしくいただきました。

 6年生にとっては、八幡インディアンスの部員として最後の行事となりますが、いつまでも忘れずに、時にはOBとして在団生の指導に来てくれることを期待しています。たまには、グラウンドに足を運んでみてください。皆で楽しみに待っています。



 

3/11 第29回若鮎少年野球大会結果報告

 3/4にバッティングパレス相石スタジアムひらつかにて開幕した若鮎少年野球大会。新チームがいよいよ始動です。今年度は松が丘との合同チームにて参戦となり、お互いの練習の成果を試合にぶつけてもらいたい所です。

1回戦 vs.金岡少年野球部 8-3 ○

2回戦 vs.横内少年野球クラブ 2-7 ●

 1回戦の相手は金岡少年野球部。序盤相手の立ち上がりを攻め、3点を先制するも中盤までは、互いの投手陣が踏ん張り、守備でも再三のピンチにもかかわらず、攻守が光った。中盤以降に相手投手陣の崩れから追加点を奪い、見事新チーム初戦を勝利で飾ることが出来ました。

 2回戦の相手は強豪横内少年野球クラブ。初回1点先制するも、2回以降は、チャンスを活かせず残塁が続く。先発祐世も中盤までピンチをしのぐ好投。中々得点チャンスが作れず迎えた4回、守備の乱れから逆転を許すと、流れを一気に持っていかれ、最終回1点返すも流れを掴めなかった。

 まだまだ、課題の多い新チームでしたが、この2試合で多くの課題が出たことは、この時期逆に収穫だったと思います。今年のチームは、前年のチームによく似たチームワーク主体のチーム構成、課題は、必ず克服し最高のチームになってくれることを信じ、応援していきたいと思います。応援下さった沢山のご父兄並びに体験君たち、ご声援有難う御座いました。



2/26 北部支部蛍光大会結果報告

 今年度の最後の公式戦。6年生にとっては各チームの集大成となる蛍光大会。2日間にわたる熱戦が各会場で繰り広げられました。八幡インディアンスの6年生は、個々の能力は、他チームに比べ劣るものの、全員野球でこの1年間戦ってきました。最後の大会となった蛍光大会ですが、皆で今まで努力してきた成果が出て、見事3位を勝ち取ることが出来ました。これも今まで支えて頂いたスタッフ並びに父母・OBの方のご協力があって、皆で達成できたものだと思います。会場にお越しいただいたOB並び保護者の皆様、沢山のご声援ありがとうごいました。

1回戦 vs.神田リトルライオンズ 9-0 ○

 

 今年度、神田リトルライオンズとは、練習試合を含め、五分の戦い。気が抜けない戦いが予想されました。

 初回から相手の立ち上がりを攻め、3番凛人のファースト強襲安打にて1点を先制。守備に関しても先発裕大が緩急をうまく使い、野手のリズムを作ってくれました。中盤でも加点を加え、6回に大量5得点。投げては、先発裕大が2塁を踏ませない力投を見せ、最終回2番手祐世も自分のピッチングを披露し、最後は、全員野球で見事1回戦を勝つことが出来ました。

準決勝 vs.金岡少年野球部 2-3 ●

 

 準決勝の相手は、強豪金岡少年野球部。これまでの対戦成績は負け越している。

 試合は、2回相手投手の不安定な立ち上がりを攻め2点先制。3回に1点を取られながらも、先発裕大が踏ん張り、終盤まで2-1リードで6回裏を迎える。先発裕大に金岡打線が襲い掛かる。連打でピンチを許すが、アウトを一つ一つ積み重ねたものの、セカンドへの難しい判断の打球を後逸し、右中間を抜けてしまい2-3と逆転をゆるし、最終回も相手投手の気迫に押され、そのままゲームセット。

 この2日間の渡る熱戦は、6年生にとって、自分の成長を実感できた内容の良い試合が出来たことと思います。今年の子供達は、夏の早朝練習をはじめ、年末の冬季練習や個々で取り組んできた練習も実り、個々では、他チームに劣るけど、全員で力を発揮できるまとまったチームでした。皆に沢山の感動をありがとう。3位入賞おめでとう。中学・高校とみんなの今後の活躍をこれからも応援しています。最後まで応援下さった保護者の皆様、1年間子供達に沢山のご支援・ご声援有難う御座いました。